プロローグ

2019年4月22日

 

一番恩返しをしなければならないはずだった祖父が他界しました

 

渡航前はあんなにもよく食べて元気だったのに、

私が一年間カナダに滞在している間にステージ4の肺癌が見つかりました

祖父の願いで家族はその事実を私には伝えずにいました

 

祖父の誕生日は、1月25日

うっかりしていて初めて2019年の当日に祝いそびれてしまいました

なんとなくずっとそれが引っかかっていた矢先、

隠しきれないと父から連絡がきました

しかし帰ってくるなと

 

それから二・三週間後、

この数日が山だという時に連絡がきて急遽一時帰国をしました

 

どんなに呼んでも泣き喚いても手を握っても目を覚さない

看護師さんのおかげで目を覚まして

私が日本にいることに祖父は多分びっくりしたのか

目を大きく開けて私を見て大きく一度だけ頷きました

手で瞼を下ろしてあげた

 

私を見てくれたのはそれが最後

その二日後に他界しました

 

葬儀までの間ずっと傍にいた

 

身体がどんどん冷たく固くなる

 

生きていたら触れられない瞼や鼻筋や耳を触れられたことは嬉しかった

 

 

星は死ぬと、爆発してバラバラになります

そのかけらが新しい星の種になります

祖父のこの世界での終わりを私の世界の始まりに重ねて、

その美の果ての地をy vetと名付け、

その地の物語を探していくことにしました

そこに確かにあるのは光と闇の点

 

主人公は祖父です

私の中では永遠に生きている

そしてお話は続いていきます

自分の手先を通して少しずつ恩返しをしていきます

 

その物語の第一章からイメージした装飾品を展示します

y vetにあたって


 



愛が全てだとか言います
私にもわかります
私にも愛を込めることができると思っています

けれど愛とはとても概念的なもので
感じることはあっても
一体なんなのかわからない

愛が最終地点なのでしょうか
愛の先には何もないのでしょうか

愛の形に触れるのでしょうか
愛とはなんなのでしょうか


2019年4月22日
祖父の遺体に触れ、
その時はわかりませんでしたが
ひとつ、後からわかりました

温、熱です

身体は隅から隅まで

魂と肉体が互いに必要とし心で繋ぎ

愛し合う温度で満たされています

息を引き取った後も
体がまだ温かくて名を呼び続けました
でも、祖父の体が指先からゆっくりと冷たくなっていきました
祖父が遠くなっていくのを感じました

心が溶けて魂と肉体が離れていく
凍るように冷たくなりました
自分も一緒に目を閉じました
体温の色がわかりました
自分の中で込み上がる熱が涙になり
熱くなった手で祖父に触れ続けました
それから、
祖父の目頭に透明の液体が見えました
熱が伝わったのでしょうか

 

 


愛ができる条件、
容器が熱で満たされる
ふたつの温度がひとつになってできる

 

そしてできた愛はゆっくりと

限りある殻を作り、形を持つ
この世界に顔を出すと心が宿る

体の源は愛かもしれない

体は触れることのできる愛の形かもしれない


時間を得た"愛"の先には、未来がある


一度役目を終えた殻から飛び出すと
果てのない暗闇の空間で見た
キラリとひかる憧れや夢のある世界を目指し、
長い旅へでるのだと思います

 

祖父は家を作るのが好きだったようです
素敵な土地を探しに、
家を作りに、
素材を探しに、
今祖父は旅に出ているのだと思います

そんな祖父がこれから生きる世界をy vetと名付け、
想像しながら自分が生きる世界と重ね、届けます